Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋

「虹の橋」という詩がある。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.

天国に続く道のこちら側が「虹の橋」と呼ばれる場所。

When an animal dies that has been especially close to someone here,that pet goes to Rainbow Bridge.

そこは、惜しみなく誰かに愛を与えられ続けた動物のたどり着く場所。

There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together.

そこには我々が愛し続けた動物たちが走り回り、楽しく遊ぶことの出来る草地と丘があり

There is plenty of food, water and sunshine and our friends are warm and comfortable.

たくさんの美味しいものや、水、そして太陽の光が温かく彼らを包み込んでいる。

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor those who were hurt or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by.

病を患っていたり、年老いていた動物たちも、若さと活力を取り戻し、不自由で傷ついていた彼らは、再び元気に飛び回る。かつて私たちの記憶の中に根付いた、夢のような日々の彼らの姿、そのままに。

The animals are happy and content,except for one small thing:they each miss someone very special, someone who was left behind.

彼らは日々満たされ、幸せに暮らしている。ただ一つ、とても大切なあなたを残して来てしまったことを除いて・・・。

They all run and play together,but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.

そしていつか、いつも通り楽しく遊んでいる彼らの中の一匹が、遠くを見つめ立ち止まる時がやって来る。

His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.Suddenly, he breaks from the group,flying over the greengrass,faster and faster.

キラキラ輝いた瞳でこっちを見つめ、全身を嬉しさで打ち震わせ、突然彼は群れから離れ、雑草の中を飛ぶように走り出す。速く、そしてもっと速く。

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,you cling together in joyous reunion, never to be parted again.

そう、あなたを見つけたのだ。
ついに喜びの再会を果たした二人は、二度と離れることはないと、強く抱きしめあう。


The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.

二人はお互いの顔にキスの雨を降らせ、あなたは愛しい友の頭を何度も撫で、長い間忘れる事のなかった信頼にあふれるその瞳を、再び見つめ返す。

Then you cross the Rainbow Bridge together...

そしてあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡って行く・・・。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

以上、かなり個人的感情を込めて訳しました。

著者不明の、一見普通に通りすぎてしまうような詩だが、ペットラヴァーや、愛するペットを亡くしてしまった方たちに広く愛されている詩。私は実家で猫を飼っているが、この詩からイメージすると、どうしても愛犬家たちの気持ちになってこの詩に感情移入してしまう。私の仲の良いペットラヴァーは、詩を頭に浮かべただけで涙ぐんでしまう。

「虹の橋」が実際に存在するのなら、あなたを残して去っていった愛する人や動物たちが、きっと天国の手前で、あなたを待っているのだろう。そして、そういう彼らがいると考えることによって、我々が少しでも強く生きてゆけるような気持ちになることは、大切なことだと思う。

それにしても、本当に涙の出る詩である。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ワインキュレーターKzM

Author:ワインキュレーターKzM
ワインキュレーター(Wine Curator)
シンガー(Singer)
ミュージッククリエイター(Music Creator)
そばリエ(Soba Lier)
アートナビゲーター(Art Navigater)
ジャズDJ(Disk Jockey)

肩書きに溺れることなく様々な世界を様々な視点から見つめ、皆様に伝えて行きたい思います。
短い人生、楽しんで生きよう!

KzMのmixiのプロフコチラ

Wine Curator KzMがあなたの相談に乗ります!
ワイン、レストラン、bar他、相談、個人的悩み等なんでもお答えします。質問、意見がある方はコチラへどうぞ☆

【予約宿名人】↓以下をクリック
温泉情報「予約宿名人」
私KzMが温泉宿の予約の際、毎度と言って良いほどお世話になっている予約宿名人。
「客側から宿側に予算提示」
という新システムで、憧れの旅館や一室に格安で泊れる可能性大!まずはご登録を♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。