Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎ「鈴木」

ネタは豊富にたまっている。
最近知り合いの中でブログ話が良く出るので、書く。
「週6でうなぎばっか食べてるんでしょ?」といわれたので、うなぎを。



調布に驚くようなうなぎの店があると聞きつけ、即予約。


・・・・・・・・・・なるほど。

後にも先にも、初めてである。
店主が「鰻」なうなぎ屋は。

すし屋のようなカウンターで、ブルーススプリングスティーンを聴きながら鰻店主が繰り返す「kill&create」を見守る。殺しては創り出し、また殺しては創り出す。
儚い・・・とても儚い。
これではうなぎに取り憑かれた店主が、鰻になってしまうのも頷ける。
愛と生命、欲望が産む感情の高ぶり。
それに拍車をかけるような香ばしい香り・・・。
うまきや漬物等を食べながら、待つこと1時間。
いよいよメインの登場。

といった具合の店だ。

メインは白焼き(志ら焼きではない!)丼と、うな重。
いずれも丼に盛られてくる。どちらも果てしなく美味だが、
これを食べずして江戸のうなぎを語ることなかれ。

尾花、野田岩、そりゃ美味いさ。
けど鈴木は違う、なんせぇ店主が鰻なんだからよぉ!

事前予約はお忘れなく。


鈴木
電話:0424-98-0520
住所:東京都調布市布田1-50-1 マートルコート調布第3
スポンサーサイト

もも屋でモツ鍋

色んなところでモツ鍋を食べてきた。

モツは好きである。美味いモツは。基本的に内臓類は苦手でないので、酷いとこでない限り大丈夫だと思っていた。

ただ最近、西麻布の有名店等何軒かモツ鍋屋は行ったが、どこも美味くない。スープが濃すぎたり、くど過ぎたり、肝心のモツが脂っぽすぎて噛み応えがなかったり・・・。

富ヶ谷にある「もも屋」。渋谷に住んでいた頃から通っていた店に、久しぶりに顔を出す。

ここは昔から美味かった。といっても初めて行ったのが2年ほど前だが、渋谷時代はちょっと飲もうと思ったらもも屋だった。

1年ぶり。ママは私たちを忘れてなどおらず、笑顔で迎えてくれた。

銀だらの西京焼や餃子等、どれも美味しい。

肝心のモツ鍋、久しぶりに食べると、以前にも増して美味く感じる。

ママが言うには、動物系の出汁は一切使っていないようだ。それはモツから充分出汁が出るかららしい。なるほど、どうりさっぱりしているのにコクがあるわけだ。

「最近のモツ鍋ブームでこってりしたのが増えたでしょう?うちは17年前、まだどこもモツ鍋なんてやってない頃から、全く味を変えてないからねぇ。」老舗の味に勝るものはない。

アフターは迷った挙句渋谷のシノワジャンボワイヨの'02ヴォルネイ1級はなかなか。もう一杯はユベールリニエのモレサンドニ'01。こちらも相変わらず美味い。

しかし・・・たらふくモツ鍋食べて、フルーツ盛りとバニラアイス食べた後に「おなかすいた」といってキノコとつぶ貝の何かを頬張る嫁。。。そりゃ「めっちゃつまみじゃないですか!」と店員のIさんに突っ込まれるわ(笑)

さーて、皆さんお忙しいでしょうが、今週も頑張りましょうね~!

応援の1日1クリック、お願いします♪♪rank_002.gif
ブログランキングに参加しております!005-001.gif

新宿日和

なかなか更新できないブログ・・・。

仕事先の仲間や嫁と様々な店に行くのだが、以前のように記事を書く前提で行くというよりは、本当に楽しみに行くことが多いので、写真を撮るわけでもなく記事にならない。その上忙しすぎて・・・それは言い訳にならないな。。。

ということで、こまめに更新できるよう、これまでの記事的文から、少し日記よりの(本来ブログとはそういうものなのだが・・・)ブログに趣向を変えてみる。

最近飲んだワインの中で最も感動したのは、シャトー・デュクリュボーカイユ'97だ。「え?ボルドー!?」という感じだが、デュクリュは格別。そもそも、カベルネを褒めて何が悪い?この価格で97でグランヴァン、買わない手はない。

場所は青山ラピュタガーデン「玻璃」。結婚記念日だった。ホタテのアボガドソースや伊勢エビのリコッタチーズソース、三重(松坂)牛など最高の料理。そしてデュクリュと良く合う。ここはリピート間違いなし。接客も良くしてもらった。今までこの店に来ていなかったことが不思議なぐらいだ。

アフターはニューヨークバー。そして一昨日もニューヨークバー。昔から大嫌いだった新宿に、最近毎週来ているのは不思議なことだ。以前グリルでいただいたオリーブパンを、嫁がどうしても食べたいと言ったら、F氏がナイショで一本包んでくれた。翌朝はもちろんそれにマーガリン。

大好きな曲「My favorite things」のリクエストにも答えてもらい大満足。そう、F氏より面白いことを聞いた。先日オープンしたペニンシュラのバーには、なんと!!!モヒカンのバーテンがいるらしい・・・。私が行くまで是非辞めないでいてほしいものである。

P.S 祝!前田2000本安打!!!!

応援の1日1クリック、お願いします♪♪rank_002.gif
ブログランキングに参加しております!005-001.gif

美食!一挙公開!

もうキリがないので、最近行った印象に残る店一挙公開!

六本木「田舎家」
ろばた焼の名店。全ての素材が新鮮で粋を感じさせる素晴らしい店。中でも締めの腹子せいろは絶品。場所柄か、明らかにリッチそうな外国人さんが多い。

六本木「蔵六鮨」
こはだから鮭児まで、素晴らしい握りを披露してくれる。べったら、カラスミ、真魚雪の白子等、肴も充実。季節に応じて素晴らしい食材を提供してくれる。

渋谷「シノワ」
銀座にはかなり通ったシノワ。なぜか渋谷は初。渋谷もさすがに素晴らしかった。ワイン選びは絶品。ここは食事のレベルさえ挙がればと、どうしても毎回高望みしてしまう。

恵比寿「万能薬」
焼肉至上最高の味。ここの赤味、極上ハラミ、豚トロ、牛タンにはどんな名店も敵わないだろう。ワイン、焼酎等酒も充実。一度行くと他で焼肉が食べられなくなる危険性大!連れて行ってくださった曰く「日本で3本の指に入る」とのこと。確かに、今思い返しても涎が出るほどの味わい。常連間違いなし!

今日はここまで!
あ~、今満腹の私でも思い出すだけで食欲が・・・。
やはりグルメは素晴らしい☆美味しいものは明日への活力!
良いお酒を飲んで、良い食事をして、たくさん仕事しましょう!

応援の1日1クリック、お願いします♪♪rank_002.gif
ブログランキングに参加しております!005-001.gif

利根川の下り天然鰻を食す。

先日久々に上原方面に用事があったので、帰り際、バイクであまりの寒さに早く帰りたい中、迷いに迷って久々に「うな将」へ。やはり引っ越そうが行きつけの店というのは絶対の信頼があるため、つい寄ってしまうものである。

「竹」を注文しかけ「そういえば天然ってもう終わってるよね・・・?」と全く期待せず呟くと、「あ、最後の一匹だけありますよ、天然!」

。。。
。。。
天然。。。

利根川の下り店主のお墨付き。6,000円なんて安いもんだ。本当に最後の1匹だったようだ。こんなにうなぎうなぎ言うわりに、天然を食した覚えのない私。というよりも、天然なんて時期によっちゃ高いだけで養殖のほうが全然安定しているというイメージからか、この店でこれはというものを勧められない限り食べる機会もなかっただろう。

「今日見えなかったら今年はもう利根川は最後でしたよ。」と店主。久々の鰻。そして天然。どのような風味なのだろうか?マダム曰く「脂が全然違うわよ。」という天然鰻。時間が刻々と過ぎる。
hamaguri

いつもより時間がかかると言うことで、店主から蛤のサービスが。磯の香りをふんだんに含んだ歯ごたえある大きな蛤。あ~、バイクじゃなければ焼酎が・・・。

待つこと30分ほど?ついに天然、利根川の産卵後の鰻の登場!
天然鰻

まず、蓋を開けただけで香りが違う!こんなもの凄い強烈な香りを放つうな重は初めてだ。時々良いワインに当たると、抜栓した途端周囲に素晴らしい香りが立ち込める事があるが、まさにそれを思い出すほどの香りの強さ。野性的で重厚な香りだ。う~ん。ワインではよく、飲まずとも香りだけで、そのワインが美味いに違いない事を予想できることがあるが、鰻でこんなのは初めてだ。まずその時点で、養殖と圧倒的に違う。

そして味わい。前述したとおり、そんなもの美味いに決まっているが、何といっても香りが独特!ワインで言うならそれこそプリュレ・ロックを初めて味わった時のような感動がある。あまり使いたくない言葉だが、「ビオ香」というのに近い、野性的な香りがもの凄く強いのだ。店主がふと「山椒なんかよく合いますよ、僕も昔天然食べて初めて鰻に山椒を合わせる意味が解りましたから。」と一言。なるほど、私は鰻に山椒はほとんどというか滅多にふらない。臭みを消すスパイス程度にしか考えていなかった。なので美味い店の鰻には山椒は不要だと勝手に思い込んでいた。言われるがままに天然鰻に山椒を一振り。むむむむむむ!確かに確かだ。そういうことだったんだ。山椒の意味は。なぜか狩野川の鮎がふと頭に浮かぶ。この独特の香り、これは絶対に病み付きになる。

そして白身の締り具合。ワインを表す時にも良く使う言葉だが、本当に筋肉質なのだ。厚みがあり力強い。美味すぎる。これだけ散々美食三昧しているが、こんなに美味いを連発したのはいつ以来だろうか?言わずもがな、養殖とは明らかに違う。いつも遠慮がちに「お客さんに見られてると緊張しますよ~。」なんて言う店主が、今回ばかりは全くの自信を持って勧めたのも頷ける。これで満足しない人間が果たしてこの世にいるのだろうか・・・。

いやぁ、最高に美味かった。満足を通り越して暫く呆然として動けなかった。利根川の下り鰻はもう、今年は最後。これは一年にに一回の楽しみ。店主曰く「鰻は夏とか言いますけど、天然においては秋の味覚なんですよ。」と。何一つ間違っていない事実。しかしうな将、来週もしかしたら浜名湖の鰻が入るかもと。「食べてみて美味しかったら連絡ください。」と言い残し、店を去る。帰りのバイク、鰻を食した後の臭みが全く無い。今までで一番無い。それどころかあの香りの余韻が、この記事を書いている今でも消えない。浜名湖、入ったら行こうか?それとも来年まで待とうか・・・。しかし、、、またまたいけないものを知ってしまった。天然鰻の全てがこれだと思ったらそのうちどこかで痛い目に合うのは間違いない。美食を極めるのは厳しい。だからこそ、信頼できる店とは、こういう時に非常に心強く有難いものだ。

常連になることの本当の意味は、まさにそこにあるのだから。

応援の1日1クリック、お願いします♪♪rank_002.gif
ブログランキングに参加しております!005-001.gif

Appendix

プロフィール

ワインキュレーターKzM

Author:ワインキュレーターKzM
ワインキュレーター(Wine Curator)
シンガー(Singer)
ミュージッククリエイター(Music Creator)
そばリエ(Soba Lier)
アートナビゲーター(Art Navigater)
ジャズDJ(Disk Jockey)

肩書きに溺れることなく様々な世界を様々な視点から見つめ、皆様に伝えて行きたい思います。
短い人生、楽しんで生きよう!

KzMのmixiのプロフコチラ

Wine Curator KzMがあなたの相談に乗ります!
ワイン、レストラン、bar他、相談、個人的悩み等なんでもお答えします。質問、意見がある方はコチラへどうぞ☆

【予約宿名人】↓以下をクリック
温泉情報「予約宿名人」
私KzMが温泉宿の予約の際、毎度と言って良いほどお世話になっている予約宿名人。
「客側から宿側に予算提示」
という新システムで、憧れの旅館や一室に格安で泊れる可能性大!まずはご登録を♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。