Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界観

世界観というか、自分を取り巻く世界の大きさで、ある程度その人の器が計れるのではないかと、最近しみじみ思う。

ここにきて突然世界が広くなった気がする。ものの見方はガラッと変わり、人の見方も少しずつ変わる。これまでもの凄く気になっていたことがどうでも良くなったり、面倒だったこともそうでなくなったり、楽しいことが倍楽しくなったり・・・。 

自分という人間を取り巻く世界が大きければ大きいほど、やはり人には余裕が出てくるものなんだろう。

少し前までは、忙しい自分が好きだった。ただ、最近はそうでもなくなってきた。忙しいのなんて当たり前。それを他人に自ら知らせるほど愚かな事はない。私の今尊敬する経営者は、毎日忙しすぎるぐらい忙しいが、「いや~、忙しくて。」なんて一言も言わない。見てて「忙しそうだな・・・。」と思うが、本人は「全然大丈夫です。」と平然を装っている。その上休日には自らが企画したイベントを行い、率先して皆に気を配る・・・。見ていて「この人サイボーグなのか・・・?」と思うが、そうではない。きっと彼にとって、それは良質なストレスなのだろう。そう、いかに良質なストレスを生み出すか。そして、いかに余裕を持つか。世の中「癒し」とか色々流行っているが、そんなもの言うほど必要ない。もちろん、時には休むことも必要だが、人間にとって仕事自体癒しみたいなもので、仕事が無いほど苦しいことはないのだから。忙しい忙しいといっている人間ほどなぜか滑稽なほど楽しそうに見える理由は、間違いなくそこにあると思う。

ちょっと気弱な友人が「仕事してる間が一番楽や、暇になると余計なことを考える。」と言っていた。また、最近読んだ本にも「人間仕事から離れると、世の中の本質的なストレスと対面することになる。」と書かれていた。確かに、暇は不安の元。極限まで暇になると、人間は多分究極の問題に直面するだろう。しなければならない何かがあることで、人は悪質なストレスを解消しているのだと思う。

といっても、人間関係やしがらみ、作業内容等確かにやりたくない仕事も世の中にはたくさんある。それは悪質なストレスを生み出す原因となる。そういう時は気持ちに余裕を持ち、楽観視することが大切。いちいち真剣に受け止めているようでは、その人の器は簡単に見破られてしまう。

結局は、程よい緊張感の中で良質なストレスと付き合い、時に思いっきり遊ぶことが一番良いと思う。それは決して独りでは出来ないこと。たくさんの人が関わることで成り立ってゆく関係。よってそれを続けていれば世界はどんどん広がり、いつの間にかものの見方も変わり、余裕が出てくるはず。そうやって器という殻を破って日々成長。これが今の自分の目標の1つだな。

応援の1日1クリック、お願いします♪♪rank_002.gif
ブログランキングに参加しております!005-001.gif
スポンサーサイト

実家帰省&レコーディング

久しぶりに休みを取り実家帰省
RD

ボランジェRDの'96。実家の友人2名と私で、この最高のシャンパンを囲み宴。といっても久々の再会に静かなる喜びを分かち合う感じ。ボランジェ君ははじめ若干温度が低かったが、徐々に開き出し、これからってところでラスト・・・。しかし想像を絶するパワフルさと気品は充分に堪能。これ以上開いたらどうなるんだか・・・。さすがRD・・・。一本買っておいて熟成させなければ。

ルネ

実家に帰ればこの子がいる。ルネかっわいい。何だこれ。今までシャーシャー言われてたけど、今回は寄ってきたり、一緒に寝たり・・・。可愛い☆

夜景

そして今日はあるプロジェクトのレコーディング終了。終わって外に出てみたら、こんな風景画のような美しい風景が・・・。何か良い予感☆さぁ、来週からも頑張るぞー!

応援の1日1クリック、お願いします♪♪rank_002.gif
ブログランキングに参加しております!005-001.gif

サントヴィクトワール山

フランスで描いたデッサンが出てきた。 

sant

 

セザンヌに感化され、レ・ローヴの丘から描いたサントヴィクトワール山。何の絵画の勉強もしてないから、皆さんお手柔らかに☆全てを遠近法の中に入れて描いたつもり☆

こういうの眺めてると、フランス行きたいなぁって胸が騒ぎ出す。

そろそろかな・・・フランス。

応援の1日1クリック、お願いします♪♪rank_002.gif
ブログランキングに参加しております!005-001.gif

フィンランド、ユッカな夜

1974・・・ここ何年か聴き続けている名曲だ。フィンランドはTHE FIVE CORNERS QUINTETのトランペットユッカ・エスコラのソロアルバムに収録された名曲。

KOOPPOVOをはじめ、北欧JAZZ旋風は日本のJAZZ界にも多大な影響を及ぼしている。昨年のKOOPのライブはもちろん素晴らしかったし、hirdも来日する度に高い評価を得ている。私もDJをする際はこの辺りのJAZZは必須盤だ。

ユッカといえば1974。四つ打ちに小気味良いRIDE、パーカスのビート感、躍動感溢れるピアノ、柔らかいユッカが奏でるペットの音色・・・そして何より、キャッチーで美しいメロディ。ずっと愛して止まなかった名曲を、31日新宿ピットインで初体験。

NWQ(ニクラス・ウィンター・カルテット)のニクラス・ウィンターとスペシャルセッション。20時過ぎ、俳優かと思うぐらい甘いマスクのユッカ登場。NWQの曲2曲からスタート。ニクラス・ウィンターの乾いたギターの音色が心地よく、ベース、ドラムス、ピアノ共にサポートメンバーも素晴らしいテンション。久々の本格JAZZセッション。テンションがグイグイ上がる。

ニクラスのMC「次は・・・19・・・NO、『Kulo』」出た!Kuloだ。これもユッカの名曲。柔らかいフリュ-ゲルホルンの音色がたまらない。ユッカは歌心がある演奏者だ。まさにセッションに最適なこの曲は、サポートメンバー含め皆素晴らしい演奏だった。

KUROが終わると・・・ピアノのソロ・・・来た!1974だ!!!

かっこいい・・・オリジナルはベースもウッベだし、エレピが結構フィーチャーされているのだが、ギタークインテットでも全く寂しさを感じさせない。むしろビートが若干早いためかオリジナルより音数が多く感じられる!ピアノのラインがたまらない!ユッカと二クラスのユニゾン!涙が出そうだ!あーーーー、踊りだしたい!かっこ良すぎる!来て良かった・・・。

もちろん全ての曲が良かったが、あまりに1974への思い入れが強すぎて、帰ってからもずーーーっと1974が頭から離れない。凄いわ。ライブ後半のButtercupも良かった。BASSラインの素敵な曲。NWQの曲も素晴らしかった。次は彼らの単独イベントにも行ってみたいと思った。CDも買おうと思った。素晴らしい夜だった。

ユッカ・エスコラ。想像以上に素晴らしいイベントだった。偶然このイベントを発見できた運の良さに感謝。次はPOVO、絶対に見なければ。早く来日しないかな・・・。

応援の1日1クリック、お願いします♪♪rank_002.gif
ブログランキングに参加しております!005-001.gif

Appendix

プロフィール

ワインキュレーターKzM

Author:ワインキュレーターKzM
ワインキュレーター(Wine Curator)
シンガー(Singer)
ミュージッククリエイター(Music Creator)
そばリエ(Soba Lier)
アートナビゲーター(Art Navigater)
ジャズDJ(Disk Jockey)

肩書きに溺れることなく様々な世界を様々な視点から見つめ、皆様に伝えて行きたい思います。
短い人生、楽しんで生きよう!

KzMのmixiのプロフコチラ

Wine Curator KzMがあなたの相談に乗ります!
ワイン、レストラン、bar他、相談、個人的悩み等なんでもお答えします。質問、意見がある方はコチラへどうぞ☆

【予約宿名人】↓以下をクリック
温泉情報「予約宿名人」
私KzMが温泉宿の予約の際、毎度と言って良いほどお世話になっている予約宿名人。
「客側から宿側に予算提示」
という新システムで、憧れの旅館や一室に格安で泊れる可能性大!まずはご登録を♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。